ご訪問ありがとうございます♪ 今年は風水+水泳ネタ中心にブログを書こうと思っています。よろしくお付き合いください♪


by redzinger
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

藤田嗣治展@国立近代美術館

今週のアーティテスト・デートは国立近代美術館で開催中の藤田嗣治展c0034615_12231567.jpg

各時代の絵画がまんべんなく集められていて、藤田嗣治という画家の歩み・変遷を、ざっと俯瞰できる内容。けっこう大きい絵が多いので、会場は混雑していたものの、さほどストレスなく鑑賞できました。

パリを魅了した“乳白色の肌”から始まって、中南米への旅、日本への帰国、さらに再びのパリ…と、まさにどこにいても異邦人な藤田さんだったわけですが、戦争(第一次世界大戦、第二次世界大戦)がなければ、この人の人生はずいぶん違ったものになったような気もします。

個人的には、やっぱり猫や動物たちと、晩年の子供の絵に惹かれますね~。今回の展覧会に合わせて特集が組まれた芸術新潮4月号のおかげで、より理解が深まった…かも。

c0034615_11333433.jpg
・クリアファイル
・一言箋
・ポストカードなどなど、
お土産もどっちゃり買い込んでしまいました。

展覧会の後、2階で10分ほどのビデオ上映をやっているんですが、これは必見です。「動いて、話している藤田嗣治」を、私は初めて見ました。晩年に日本国籍を捨て、フランス国籍を取得してカソリックに改宗するんですが、そのときのインタビューも収録されています。国立近代美術館、自分たちで開催しているくせに案内が消極的で、私は右往左往してしまいました。



オマケ
c0034615_1133341.jpg
2~4階は常設展。藤田嗣治展のチケットで入れます。コレは2階で見かけたオブジェ。

「写真撮影しても良いですか~?」と聞いたら、「フラッシュ使わなければOK。常設展の展示作品も、ほとんど撮影して良いものばかり。ただし事前に係員に許可をもらうこと」だそうです。

へーーえ、撮影して良いのか、作品を! さすが国立、太っ腹ですな!
[PR]
by redzinger | 2006-04-16 11:33 | ☆artists date