ご訪問ありがとうございます♪ 今年は風水+水泳ネタ中心にブログを書こうと思っています。よろしくお付き合いください♪


by redzinger
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

愛用中の瞑想CD

c0034615_1740412.jpgドリーン・ヴァーチュー「チャクラ・クリアリング 天使のやすらぎ」

いまのところ、もっとも愛用している瞑想CDは、先日ご紹介したコチラですが、その次によく聴いているのが、これです。ドリーン・ヴァーチュー。と言えば、ご存知「エンジェル」関連で何冊も著作を書かれている心理学者さん。スピリチュアル系の本はかなり読んできたと自負する私も、最初は「天使~?プッ(^m^)」という反応だったんですが、ドリーンの「オラクル・カード」を使うようになってから、これはタダモノではない!という気持ちになりました。

で、「チャクラ・クリアリング」。瞑想用のCDがついた本です。CDの内容と本の内容は、微妙に違っていながら、相互を補完しているので、自分の状況や対処法をじっくり考えたいとき、私は本を読み返したりしています。

CDには「明けの瞑想」「宵の瞑想」の2本が収録されています。
朝、起きる前に前者を聞き、夜、寝る前に後者を聞くってのが基本でしょうか。私は聞きながら寝てしまうことが多いんですが…(笑)。

チャクラがクリアになってるのかどうか、こればっかりは確かめられないのでわかりませんが、要するに気分がクリアになれば良いと思ってるんで、その効果はあるんじゃないかと。





私がこのCDの(特に「宵の瞑想」)が好きな理由は…

 
・日本語版の音声が、ちゃんとしたプロのナレーションで聞きやすい
 ・ネガティブな想いへの対処法が具体的
 ・「できない自分」「足りない自分」を許して受け入れるという姿勢が明確

 
 翻訳ものの瞑想CDの中には、翻訳者が台本を読んでいるだけのものがあったりしますが、日本語の発音、滑舌、イントネーション、アクセントなど、やはりプロとして訓練を受けていない人の誘導音声は聞きづらい。私は以前、こっち方面の勉強をしていたので、NHKのアナウンサーレベルに達していない人の棒読み&クセのある音声は、どーしても許せないものがあります。タダなら仕方ないけど、お金出すなら、「朗読」「語り」のプロの音声でないと、瞑想する前に「そのアクセント違う!イントネーションおかしい!口が回っとらん!」とツッコミ入れたくなってしまうので(^^;) 

 「ネガティブな事態へどう対処するか」っていうのも大事で、ただ「許しましょう」とか「手放しましょう」とか誘導されても、手放せないから困ってんだよ! ということが多いわけですが、ドリーンの場合は、たとえば自分のエネルギーを奪うような相手に困らされているときは、「その相手と自分の間にある鎖を、聖なる光が断ち切っている」様子をイメージさせつつ、相手のことは責めない、自分も責めない、とりあえず天使にみんな預けてしまえば、後は浄化してくれるから大丈夫~♪という、大変に無責任で嬉しい(笑)対処法を、やさしく提示してくれます。

「明けの瞑想」1日の始まりにふさわしく、チャクラをクリアにして元気にしてくれる感じでしょうか。私は朝の起き抜けは、Insight でアルファ波出して、願望実現モードで実験中なので、あまりチャクラ瞑想は聞かないんですが…。

出張にも、Insight と このCDは必ずセットで持っていってます。
[PR]
by redzinger | 2007-04-28 18:24 | ☆スピリチュアル系