ご訪問ありがとうございます♪ 今年は風水+水泳ネタ中心にブログを書こうと思っています。よろしくお付き合いください♪


by redzinger
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:旅行風水 ( 8 ) タグの人気記事

恐山の宿坊、部屋はこんな感じです。
c0034615_21531914.jpg

15畳の広さ。次の間4.5畳もあり。ひとり泊まりでも、この広さの部屋に泊まるみたいで、全部で20室くらいあったかなぁ? 湯沸かしポットとお茶セットはちゃんとありました。洗面所もダブルシンクになってます。浴衣とタオル、バスタオルもちゃんと用意されています。お布団は最初から敷いてあったけど、何しろ部屋が広いので、全然気になりませんでした。


c0034615_21531946.jpg

食事は精進料理~。品数も多く、非常にヘルシー♪ 食事は泊まり客が全員揃ってから、「五観の偈(ごかんのげ)」を唱えて、いただきます…が、そんな作法を知らずに、すぐ食べようとして注意されたアテクシ(大恥 食事時にアルコールは飲めません。が、自分の部屋で飲むぶんには無問題で、缶ビールの自販機もありました。

★続きはコチラをクリック★
[PR]
by redzinger | 2006-09-24 21:53 | ☆旅
恐山には宿坊がありまして、今回、その宿坊に泊まりました。
なんでも平成15年に建て直したらしく、宿泊料1万2000円
寺の宿坊にしては、ずいぶん高い…と思ったんですが、
行ってみて、「こりゃスゴイ…」と納得。

c0034615_23435678.jpg
まずは外観から…。











写真の下側に写っている大きな建物が寺務所宿坊なんですが、昔からある本堂や地蔵堂に比べると、もう何倍も広い~んですわ。


c0034615_23511295.jpg
これが宿坊の正面玄関。



c0034615_23562916.jpg
これは玄関を入ったところです。
















シンプルですけど、センス良いですよね~。曹洞宗のお寺だけに、これがホントのZENスタイル…!(^^;)

この奥に、これまた広々としたロビーがあり、部屋は「15畳+4.5畳、トイレ・洗面所別」というゴージャスな造りで、これ本当に宿坊なの?とビックリでした。(明日に続く…)
[PR]
by redzinger | 2006-09-23 23:42 | ☆旅
恐山と呼ばれるエリアは、硫黄ガス(硫化水素ガス)が強いのです。
(箱根の大涌谷とか、那須とか、硫黄泉が湧くところはみんなそうですが)

そのため荒涼とした景色が広がっているんですが、
湖のほとりまで行くと、「極楽浜」と名前がつけられている通り、
本当に天国みたいな、この世のものとは思われぬ、
清らかな「気」が満ちている感じです。

c0034615_23241822.jpg
手前は「賽の河原」、
その向こうが「極楽浜」



c0034615_23271359.jpg
極楽浜は広々としていて、自然音以外、ほとんど音のない世界。さわさわ~っと風が吹いてきて、ヒタヒタ~っと小さく波立つ湖面が、とてもとても美しいのでした。浜にあるベンチに座って、そのままぼんやりしたかったんですが、もう日没。10分程度で引き上げました。ちなみに向こうに見える人影は、なぜか男性のカップル2人連れ…秘境でデートですかぁ~?(^ー^)

ふだん、あまり土地の「気」を感じるタイプではないので、「ここの気の流れがどーこー」と話している人を見ると、ちょっと引いてしまうアテクシなんですが、恐山では何かこう、身も心も洗われるような、不思議な爽快感が。神社や霊山(高野山奥の院とか)では、たまにこんなスーーッと頭が冴えてくるような感覚になることがありますが、恐山でも、スーーッと寒気…じゃなくて(笑)、浄化されるような感覚が確かにあったように思います。

幽竹さ~ん、恐山って風水的にどうなんでしょ~?
[PR]
by redzinger | 2006-09-23 23:13 | ☆旅
今回の旅で、生まれて初めて霊場恐山に突入~!
「恐山」……
字面からして怖くないか? ( ̄▽ ̄;

私は死霊がゾロゾロと集まる、暗~くて、陰々滅々とした空間を思い描いていました。

c0034615_0515859.jpg
これは地蔵堂を正面から見たところです。



c0034615_0523123.jpg
境内奧の「地獄」サイドから見たところです。

なんとなくイメージ通り?(笑)

★続きはコチラで★
[PR]
by redzinger | 2006-09-22 23:50 | ☆旅

さて、お出かけです

明日からまた出張~~☆ しかし今回は方位が微妙…。

今月の四緑木星は吉方位がなく、「北△ と 南△ 以外は自宅から35キロ圏内で過ごしましょう~」と言われているわけですが、無理だっつの(T_T) しかも、仕事先が南西と西の境界線ギリギリみたいなところで、これが西だとすると、あらやだ奥様、今年の最大凶方位じゃありませんこと?

てなわけで、ちょうど南西の方向で友人に会うことになっていたので、その後、仕事に向かうという出張スケジュールを組み立てました。南西も別に今月の吉方位ってわけじゃないけど…少しはマシか。こういう場合は、方位のラッキーカラー、とりあえず最初に向かう南西で考えれば良いんでしょうかね。

ハタから見るとアホくさ…ですが、昨年のこと、今年の病気頻発を思うと、決して侮ってはイカン!と思うのでありました。黒門風水もチェックしとかなくちゃー。ああ、大変大変…とか言いながら、実はけっこう楽しんでるんですが(^^ゞ

肌カサカサ、早く治ってくれないかなぁ。。。
[PR]
by redzinger | 2006-05-08 18:09 | ☆カラダ系
横浜美術館イサムノグチ展を見てきました。

c0034615_21474477.jpg
GWの中日でしたが、人が少なくてゆっくりできました。横浜美術館って大きいですね~。ミュージアム・カフェも、ゆっくりできそう。美術館前の広場も木陰にベンチが並び、いや~、やっぱりハマは違う!風がね…強い、強すぎて飛ばされそうでした(笑)

藤田嗣治といい、イサム・ノグチといい、私はどうもボヘミアンな人に惹かれますです。イサムノグチの場合は、日本人の父親から強烈な拒絶にあい、母親ともども見捨てられたんですが。館内ではノグチの映像がずーっと流れていて(ノグチさん、喋りっぱなしです)、「父親は自分を完全に無視しました」と淡々と語りつつ、彫刻家として世に出るときは、それまで名乗っていた母親の姓を名乗らず、「ノグチ」姓を選んだ、というところとか、いろいろ興味がそそられます。

c0034615_2282446.jpg
代表作『真夜中の太陽』

これかなり大きいんです。周りをくるくる歩きながら、ずーっと飽きずに見てました。いちばん好きな作品かも。「ああ、この輪の中をくぐりたい!!」というアブナイ衝動にかられ(^^;) 

ノグチによれば、この真ん中の穴は「すべての始まりであり、終わりである」(←言葉通りじゃないかも)そうです。なるほど…。


マーサ・グラハムの舞踏『暗い牧場』のために作った舞台セットは、確か本邦初公開だと思いましたが、あまりよく理解できませんでした…。ただし、その舞台映像が長々とビデオで流れていたのは収穫。初めて見たよ~、あんなに長いマーサ・グラハムの映像。


その後はもちろん中華街へGO!
c0034615_21474437.jpg

今回はアーティスト・デートと吉方位・南西◎の日帰り旅を兼ねている(つもり)なので、幽竹さんにPS認定されている関帝廟にお参りしました。日帰りですが、5/1は運気6倍パワーアップ~☆

「さーて、ここまで来たら美味しいもの食べなくちゃー」。
で、この前longfordさんに教えてもらった『徳記』に行ったものの、午後の休憩タイムだったのであえなく撃沈。適当に見つけたお店で「豚角煮刀削麺」をいただきました。中華料理店はひとりだと一品しか頼めないからなー。

というわけで、久しぶりの中ブラ(“中華街ブラブラ歩き”(^^ゞ)でした。中国語(北京語?台湾語?はたまた上海語?…)が身近に聞こえて、異国気分が盛り上がり。横浜にはまた近々出かけるつもりです。『徳記』リベンジなるか!みなとみらい線って便利ね~☆
[PR]
by redzinger | 2006-05-01 21:47 | ☆artists date

方位あれこれ

今回の東北への旅は、李家幽竹さんの風水では、大きな効果は期待できない△方位だそうです。ただし、4月は旅行月で運気が6倍になるそうで、しかも温泉に入ってきましたんで、さらに10倍になるはずで、まあまあ吉ではないかと自己流解釈。

『黒門風水』では出発日と方位をチェックするんですが(←こちらは幽竹さんの風水より、もっと複雑…)、今回の東北旅行は「開門」という方位に当たり、吉方位。「気分を新たに次の一歩を踏み出す」運があるようです。

実際に旅先ではトラブルらしいトラブルもなく、“食べ過ぎ”以外は(笑)体調も良く、特に仕事面ではシンクロが次々と起こり、欲しい情報がどんどん向こうからやってきてくれて、ラッキーだったと思います。

幽竹さん風水でいう「旅行月のボーナズテー」は、あと5月1日を残すのみ。この日はなんとか吉方位◎の南西へ出かけたいと思っています。またいつ最大凶方位に行かざるを得なくなるかわかりませんので、良い運気を貯めるだけ貯めておかないと…って貧乏性だわ~(^^ゞ

で、今日は新月だったんですね~。溜まった受信箱の中にメルマガを発見して焦りました。8時間以内には書けませんでしたが、一応、新月のアファメーションをば…。そして明日からはいよいよGW突入~!さんざん出かけていたので、私はしばらくおとなしく過ごす予定でございます。
[PR]
by redzinger | 2006-04-28 23:20 | ☆カラダ系

旅行月、始まりました

いよいよ今年の旅行月やってまいりました☆

李家幽竹
「新版 絶対、運が良くなる旅行風水」
c0034615_22264176.jpg

幽竹さん風水によると、旅行月(今年は4/4~5/5)に、自分の吉方位に出かけると開運効果がなんと6倍になるそうです。中でも4/13、4/22、5/1は、さらに運気が10倍になるというボーナス・デー。このうちどれかは出かけたいと思っていますが、私の場合は仕事で出かけることが圧倒的に多いので、とにかく最大凶方位(今年は西)にだけは、なんとか行かずに済むように、神様によーくお祈りしています。

旅行月のことで何か書いてるんじゃないか?と、久しぶりに幽竹さんのエッセイ・コーナーを覗いてみたら…あらっ?また新刊本ですか?と驚くほどの新刊ラッシュ。

「最強風水師が教える 運のいい人悪い人」
c0034615_22323521.jpg

これは男性向けに書いたそうで、主に仕事運アップのお話でしょうか。以前のこの本と、なんとなくタイトルが似てます。ま、同じ人が同じテーマで、繰り返し本を出すことはよくあるので、現物チェックしてから買うかどうか決めようと思います。

「HAPPY風水」「LOVE風水」はティーン向け、とりあえず関係ないッスね(笑)。あとは風水ポストカード音楽CDも出たみたいです。つい最近、雑貨の本を出したばかりだと思ったのに、すごいですね~、これだけのものを、たった1人で執筆&プロデュース!(;゚Д゚)

しかし…ここまで次々と本やCDなんかが出ると、正直言って、もうお腹一杯だよ~!状態です。もちろん、無理に買えと言われているワケではありませんが、「私の○○運がアップしないのは、これを持って(やって)ないからかしら…?」という心理が働いてしまうのもまた事実でして。そこを狙って、各社いろいろな企画を幽竹さんのところに持ち込むんでしょうが、幽竹さんはこのまま拡大路線で行くんでしょうかねぇ…。
[PR]
by redzinger | 2006-04-08 22:14 | ☆カラダ系